目の疲れ サプリ

目の疲れサプリでドライアイや目の疲れを改善しませんか?

目の疲れに悩む女性

現代社会では、スマートフォンやパソコン、テレビやゲームなど目を酷使してしまうものが溢れています。

 

そして、私たちの目は日常的にこれらの機器によってストレスを受けています。

 

また、細かな作業や車の運転など、職業柄、目の疲れがたまっているという人も多いのではないでしょうか?

 

そして、ストレスを受け、酷使している目の疲れを何とかとりたい、これ以上目に負担をかけないようにクリアな視界を目指したい…そう考えている人も少なくないと思います。

 

でも、だからといってたとえばスマートフォンを使わない、目を酷使する仕事はやめるなど、生活を変えることによる改善策は現実的ではありません。

 

なので、今の生活を維持しながら、目を癒すことを考えることが必要です。

 

そんなことできるの?そんな方法があるの?という人もいると思いますが、それはあります!

 

その方法とは…目の疲れサプリを利用するという方法です。

 

目の疲れサプリ

目の疲れサプリとは、目に良い成分がたっぷり含まれている健康食品のこと。

 

サプリメント(健康食品)には、例えばアントシアニンルテインといったブルーベリーに含まれる成分やメグスリノキなどの成分が配合されています。

 

これらの成分は、普段の食事では摂りにくく、十分な量を摂ることができないものが多いので、サプリで摂ると効果的なのです。

 

そして、目の疲れサプリを毎日きちんと飲み続け、その栄養成分を摂ることで、目の疲れを癒したり、ドライアイ視力の改善などの効果が期待できます。

 

目の疲れを癒し、クリアな視界になりたいと思っているなら、この機会に目の疲れサプリを試してみてはいかがでしょうか。

 

目の疲れサプリは、

  • 目の疲れで悩んでいる
  • ドライアイで悩んでいる
  • 老眼や白内障を予防したい
  • 飛蚊症や光視症を改善したい

という方におススメです。

 

目の疲れサプリをおすすめする女性

もし、こういったサプリを飲んでみようと思う時は、口コミで人気が高いもの、効果が期待できるものを選ぶようにしてくださいね。

 

こちらのサイトでは、目の疲れやドライアイなどで悩んでいる方に、是非一度試していただきたい一押しの目の疲れサプリをご紹介しています。

 

数多くある商品の中でも特に口コミで評価が高く、人気のある目の疲れサプリを厳選していますので、参考にしてみてくださいね。

 

目の疲れサプリ口コミ人気ランキング

めなり ※当サイト一押し!!

今、口コミで注目度No.1の目の疲れサプリといえば「めなり」。

このサプリは、理想的なハイスペック商品として話題沸騰中です。

 

そのハイスペックな内容とは…。

 

吸収型ビルベリー: 吸収率が高い成分
ルテイン: 天然のサングラスといわれる成分
ゼアキサンチン: アメリカで実績がある成分

 

また、目がしょぼしょぼする、とくに夜間の目のショボショボを何とかしたいという人におススメなβカロテン、ルテインの作用を助けるクロセチンなども配合されています。

 

そのため、今までの目の疲れサプリと比較しても、目に良い成分の数は断トツ!

 

さらには、2016年モンドセレクションで金賞を受賞するなど、業界からも大注目を集めています。

公式サイトはこちら

詳細ページはこちら

一望百景
一望百景(マイケア)

新発想の目の疲れに良いアイサプリ。

 

沖縄の人達は、ほかの県の人に比べると視力が良いという点に注目して作られています。

 

素材は、沖縄産の紅芋・琉球もずく・八重山かずらなど、一般的な目の疲れサプリでは目にしたことがないような成分も配合されています。

 

それらの素材はすべて国産、開発も健康食品の分野で高い実績があり、人気もあるマイケアだから安心です。

 

目の疲れに効果的なルテイントップレベルの高配合売り上げ200万袋を突破していますし、顧客満足度は85%と高く、返金保証もついています。

 

沖縄産の素材が用いられているという点も特徴ですが、ブルーベリーを使っていないという点もこの目の疲れサプリの大きな特徴です。

公式サイトはこちら

詳細ページはこちら

ブルーベリー&ルテイン
ブルーベリー&ルテイン(リフレ)

目の疲れに良いといわれている成分を中心に、25種類の有効成分を配合した目の疲れサプリ。

 

具体的な配合成分としては、ブルーベリールテインカシスメグスリノキなど。

 

楽天ランキングでは1位を獲得していますし、モンドセレクションでは5年連続金賞を受賞するなど、高い実績を誇る会社の目の疲れサプリです。

公式サイトはこちら

詳細ページはこちら

ルックルックベリー
ルックルックベリー

「見る力をサポートする瞳のサプリ」として話題の目の疲れサプリ。

 

素材は、北欧の厳しい環境で育ったビルベリー、そして季節のフルーツと呼ばれているアサイー

 

そして、これらの素材から摂れるアントシアニンルテインが人身を守ります。

 

DHAやEPAなども同時に摂取できるので健康面でも良い効果が期待できます。

 

現時点で、知名度はいま一つですが、品質と実力を備えた目の疲れに良いサプリとして話題沸騰中です。

公式サイトはこちら

詳細ページはこちら

アサイーベリーファイブスター

アサイーを中心とした目の疲れに良い成分が配合されており、さらにメグスリノキルテインといった成分がその働きをサポートします。

 

特に、夕方になると目がショボショボしてしまうという方に人気のサプリです。

公式サイトはこちら

詳細ページはこちら

当サイトのランキングは、目の疲れサプリの総販売数や、顧客満足度、また各口コミサイトのレビューや体験談などの評価を元に順位づけを実施したものとなっています。

口コミで大人気の目の疲れサプリといえばコレ!

最近、目の疲れに悩む人の間で最も話題になっているサプリといえば、「めなり」です。

 

めなり

 

目の疲れに良いサプリを選ぶ際、最も重要なのは「目の疲れに良い成分がどのくらい配合されているのか、目の疲れに良い成分とはどのような成分か」という点を見極めることです。

 

めなりのアントシアニン配合量

 

今、最も口コミで人気が高い「めなり」には、ビルベリーから抽出されるアントシアニンが配合されています。

 

そして、そのビルベリーは体内での吸収性が高くなるように特殊改良された特許取得済のビルベリーです。

 

業界トップクラスのビルベリー配合量

 

なので、体内で吸収されにくいといわれているアントシアニンをしっかり吸収することができます。

 

具体的な吸収数値としては一般のビルベリーの2倍以上になっています。

 

このビルベリーだけでも、目の疲れが改善できそうな感じがするほどです。

 

特許取得ビルベリー

 

しかし、めなりに配合されている成分は、ビルベリーのアントシアニンだけではありません。

 

目に入ってくる紫外線のダメージから眼を守る作用があり、天然のサングラスとも呼ばれているルテイン、他にもゼアキサンチン、クロセチン、βカロテン、アスタキサンチンなどの有効成分も配合されています。

 

天然のサングラス、ルテイン

 

これらの成分は、普段の食事からも摂ることできるのですが、食事からだけでは目を守ることができるほどの量を摂ることができません。

 

例えば、ルテインの場合、めなりを1日2粒飲むだけで12rも摂ることができ、とても効率的です。

 

ご紹介したように、他にも目の疲れに良いとされている成分がたっぷり配合されていて、それぞれが相乗効果によって目を癒すパワーを発揮してくれます。

 

めなりでクリアな世界

 

目の疲れに良いという話題・人気のサプリ「めなり」には、

  • 疲れ目の改善
  • 眼精疲労の回復
  • ドライアイの改善
  • スマホ老眼の改善
  • 飛蚊症の改善
  • 白内障や緑内障など目の病気を予防する効果

などが期待できます。

 

めなり

 

ハッキリ見えないと、気持ちまでどんよりしてしまいますから、毎日クリアな視界をキープしたいですよね。

 

今なら初回、通常価格の77%OFFでお試ししてみることができますよ。

 

目の疲れを何とかしたい、ドライアイを改善したい、スマホ老眼が改善できたら嬉しいな…というような人は、この機会に「めなり」をお試ししてみてはいかがでしょうか。

 

まずは、公式サイトで詳細をご覧になってみませんか?

 

公式サイトはこちら

 

>>ランキングを確認する

目の疲れをスッキリ解決するための対策はある?

パソコンキーボードと眼鏡

私たち現代人は、視覚によって多くの情報を得ていますが、テレビやパソコン・スマートフォンなどによって目を酷使しすぎている環境があります。

 

そして、ものを見るときには、レンズの役割を担う水晶体の厚さを、毛様体筋という筋肉を使って調節しています。

 

その調節によって、遠くを見ることができたり、近くを見ることができたりしていますが、パソコンやスマートフォンなどで近くばかりを見ていると毛様体筋の緊張状態が続きます。

 

すると、筋肉が疲労し、目の疲れを引き起こします。

 

つまり、眼精疲労の状態になります。

 

頭痛に苦しむ女性

眼精疲労になると頭痛や肩こりなどの合併症、イライラなどの精神症状も引き起こすので集中力や注意力も低下し、作業効率も悪くなってしまいます。

 

また、近くのものを見続けるということは筋肉が疲労するというだけでなく、ドライアイの原因にもなります。

 

パソコン作業などに集中していると、まばたきが減り、涙の量が少なくなるので目の乾燥を招き、結果ドライアイになります。

 

ドライアイは、角膜の表面が傷つきやすくなり炎症を起こしやすくなるので、放っておくことはできません。

 

目の疲れをスッキリ改善するには?

 

パソコンに集中する女の子

目の疲れを改善する以前に、まずは目が疲れない対策を施すべきです。

 

具体的には、パソコン作業をする際は室内の照明をきちんとつけ明るさを確保すること、画面と目の距離は50cm程取ること、1時間作業したら10分程度の休憩を取り、遠くを見て毛様体筋の緊張をやわらげることなどです。

 

そして、目の働きをサポートする成分を摂ることが有効です。

 

目の働きをサポートする成分としてはビタミンAビルベリーブルーベリーに含まれるアントシアニン、鮭やイクラなどに含まれるアスタキサンチン、緑黄色野菜などに含まれるルテインなどがあります。

 

ビタミンAは、網膜に存在するタンパク質(ロドプシン)の材料になり、アントシアニンはロドプシンの再合成を助けます。

 

ルテインは酸化によって引き起こされる目の病気を予防したり、紫外線などの有害な光から眼球を守る作用があり、アスタキサンチンは眼精疲労を改善する作用があることが大学の研究によって証明されています。

 

>>ランキングを確認する

目の疲れを改善するアントシアニンとは?

ブルーベリーのアントシアニン

アントシアニンとは、ブドウやビルベリー、ブルーベリー、あずき、紫芋、赤キャベツ、カシス、黒大豆(黒豆)などに含まれる紫色の色素で、ポリフェノールの一種です。

 

その中でも、ブルーベリーには15種類ものアントシアニンが含まれているといわれ、目に良い食べ物として話題ですが、含有量はブルーベリーの種類によって様々。

 

そして、この成分にはコラーゲンを安定させる作用もあるので、眼精疲労やからだの老化にも効果的ですが、お肌のアンチエイジングにも効果が期待できます。

 

アントシアニンの働きとは?

 

老眼のおばあちゃん

アントシアニンには、抗酸化作用免疫を高める作用があり、動脈硬化などの生活習慣病の予防や改善、老化防止などに効果的といわれています。

 

特に、目の健康を維持する作用については注目を浴びています。

 

というのは、アントシアニンには視神経の働きを支えるロドプシンという色素の再合成を促進する作用があるため。

 

色素の再合成によって目の疲労回復や視力の向上に効果が期待できます。

 

また、アントシアニンの摂取によって夜間の視力が高まるという臨床データも発表されています。

 

さらに健康面でも、肝機能障害の回復や血圧上昇の抑制にも効果が期待でき、高コレステロール血症の患者さんを対象とした試験では、血中HDLコレステロール値の増加、LDLコレステロール値の減少などが認められています。

 

糖尿病による網膜症の予防にも効果が期待できるなど、毛細血管のトラブルを改善する作用もあるといわれていますよ。

 

アントシアニン摂取の際に注意したいこと

 

貧血ぎみの女性

アントシアニンを摂取する際、貧血症状があり鉄剤を飲んでいる人は控えめにしたほうが良いといわれています。

 

ブルーベリーなどには、クロロゲン酸という抗酸化作用がある成分が含まれています。

 

このクロロゲンには、鉄分の吸収を妨げる作用があるからです。

 

もし、服用中のお薬があるという人で、サプリメントなどでアントシアニンを摂りたいという場合は、かかりつけの医師や薬剤師に相談をしてから飲むようにした方が安心ですね。

 

>>ランキングを確認する

ブルーベリーが目の疲れに良いのはなぜ?

ブルーベリー

ブルーベリーは、目の疲れによいフルーツとして知られているコケモモ族、ベリー類の総称。

 

つまり、ひとくちに「ブルーベリー」といっても色々な種類があり、その種類によって作用にも違いがあります。

 

そして、それらブルーベリーは世界中で食用として栽培され、ジャムやジュースとして加工されたり、パイやパンなどの調理にも使われていますが、欧州では古くから伝統的なハーブとして健康に用いられ、医薬品として許可されているものもあります。

 

最近はサプリメントで、ブルーベリーの栄養素を簡単に取り入れることができますよね。

 

目に良いだけでなく健康にも良い!

 

クッキリした瞳

ブルーベリーが目に良いフルーツとして知られているのは、網膜に含まれているロドプシンという物質をブルーベリーの色素成分であるアントシアニンが作用するからです。

 

アントシアニンとは抗酸化作用があるポリフェノールの1種で、目の網膜に含まれるロドプシンの再合成をサポートする作用があります。

 

ロドプシンとは、光の刺激を受けると分解し、再合成を繰り返していますが、目を使い過ぎていたり、加齢などによってその合成力が低下。

 

そこで、アントシアニンを摂って再合成をサポートすることで、目の疲れをとったり、視力の回復を図る効果が期待できるのです。

 

このように、ブルーベリーには目の疲れを予防したり改善する作用がありますが、糖尿病や高血圧による網膜症の予防や改善、老人性白内障の進行を抑える働きもあります。

 

特に目を酷使する現代人は、目の疲れを感じている人が多く、その目の疲れが原因で肩が凝ったり頭痛がするという人も少なくありません。

 

しかし、ブルーベリーを摂ることで目の疲れが回復すれば、肩こりや頭痛の改善にも役立ちます。

 

さらに、ブルーベリーに含まれるクロロゲン酸という物質にも、高い抗酸化作用があることが分かっています。

 

活性酸素を抑制することができれば、がんを予防したり、生活習慣病を予防する効果、毛細血管を保護したり血栓を防ぐなどの健康効果も期待できます。

 

ブルーベリーを摂るときの注意点

 

胃の痛みに耐える女性

先ほどもご紹介しましたが、ブルーベリーには色々な種類があります。

 

そして、生やジャムで食べるブルーベリーとサプリメントに用いられるブルーベリーとでは品種が異なります。

 

多く摂りすぎると、胃腸に負担をかけ、胃痛を引き起こす原因になりますから、適量を守って摂るようにしてください。

 

1日あたり、ブルーベリーエキス125rを摂取すると目の疲れに効果があったという症例があり、アントシアニンの量に換算すると1日62.5rという目安になっていますが、サプリメントの商品によっても含有量は異なります。

 

胃が弱いという人や、飲んでみて体調が悪くなるというようなことがあれば、かかりつけの医師に相談するなど、ご自身にとって安全な方法で摂るようにしてくださいね。

 

>>ランキングを確認する

アントシアニンがたっぷりなビルベリーの効果とは?

目の疲れが酷い女性

ビルベリーは、目の疲れやドライアイを改善する作用がある植物として知られています。

 

産地は北欧。

 

コケモモ族ツツジ科の植物で、小さい釣り鐘の形をしたピンク・グリーンの花が咲く野生種で、熟すとブルーブラックでやわらかく甘い果実になります。

 

主にジャムやジュースに加工されているそうですよ。

 

このビルベリーには、ブルーベリーの5倍ものアントシアニンが含まれており、特に北欧産のものは含有量が高いそうです。

 

なぜ、北欧産のものはアントシアニンの果実が高いのか…。

 

それは、北欧の「白夜」が関係しているそうです。

 

北欧では、ビルベリーの収穫期(夏)になると、一晩中太陽が降り注ぐ「白夜」になります。

 

つまり、ビルベリーの果実は太陽の光を一日中途切れることなく浴び続けます。

 

果実は、太陽の光を受けてアントシアニンをつくり出すので、陽が沈まない北欧のビルベリーはその量がとても豊富なのですね。

 

アントシアニンが目の疲れに効く根拠とは?

 

視力検査表

目の網膜のなかには、ロドプシンという物質があります。

 

このロドプシンは、光を感じるための物質で、体内で合成されていますが、目を使う度に分解されてしまいます。

 

また、加齢や栄養不足などによって、その合成力が低下します。

 

そうなると、目の疲れを感じるようになります。

 

そこで、アントシアニンの出番。

 

アントシアニンには、このロドプシンの再合成をサポートする働きがあります。

 

ロドプシンが十分な量になれば、目の疲れは改善します。

 

さらに、アントシアニンには、目の疲れをとる、視野を良くするなどのほかにも、毛細血管を保護する作用もあります。

 

この作用によって動脈硬化などの生活習慣病を予防する効果が期待できます。

 

臨床試験でも、糖尿病や高血圧性の網膜症などの改善に効果があるということが分かっています。

 

そして、ビルベリーには生きるために不可欠な酵素の材料になる亜鉛、生殖機能に関わるミネラルのマンガンも含まれます。

 

ビルベリーを摂取するときに注意すること

 

目が輝いている女性

ビルベリーは、いくら目の疲れや健康に良いとはいっても、一度にたくさん摂るのは避け、毎日適量を継続的に摂るのがおススメ。

 

大量に摂ると、胃の調子が悪くなる人がいます。

 

また、ビタミンAやビタミンC、ルテイン、イチョウ葉などの栄養成分と一緒に摂ると、効果が良くなります。

 

>>ランキングを確認する

目の健康を守るルテインとは?

遠くを見つめる女性

ルテインは、キサントフィル系に分類されるカロテノイドです。

 

カロテノイドとは、動植物が持つ黄色や赤色の色素のこと。

 

カロテノイドには強力な抗酸化作用があり、活性酸素を除去する作用があります。

 

その数は600種類以上にもなり、β−カロテンなどのカロテン系、ルテインやゼアキサンチンなどのキサントフィル系に分かれます。

 

ルテインは、葉緑素(クロロフィル)とともに植物の緑葉、黄色花の花びらや果実、卵黄などに含まれています。

 

具体的には、ほうれん草、ケール、トウモロコシ、ブロッコリーなどの緑黄色野菜に含まれています。

 

具体的な作用は、ゼアキサンチンとともに網膜の中の黄班部に多く存在、横紋の健康を維持しています。

 

ルテインの役割

 

ブルーライトカット眼鏡

ルテインには、ブルーライトによるリスク予防加齢黄斑変性症の予防などの作用があります。

 

現代人の瞳は太陽光線だけでなく、パソコンのモニター・テレビ・蛍光管などからのブルーライトにさらされています。

 

ブルーライトは活性酸素を発生させ、活性酸素が黄斑部にある脂質を酸化させます。

 

すると、視力が低下したり加齢黄斑変性症などの目の病気に。

 

ルテインには、目に有害な青色光を吸収し、抗酸化作用を発揮することが分かっています。

 

疫学調査では、食事からルテインをしっかり摂取することで、白内障や加齢黄斑変性症の発生リスクが減少することも報告されています。

 

近視や乱視などの目の病気は、光老化が原因。

 

活性酸素が増えてしまうことによって、そのリスクが増加してしまうのです。

 

また、加齢によって起こる白内障も水晶体内のタンパク質が老化し、老化によって白濁することが原因といわれています。

 

ですから、抗酸化作用のあるルテインを摂ることは、さまざまな目の病気を防ぐことに役立ち、目の健康維持に効果が期待できるのです。

 

ルテインを摂取するときの注意点

 

豊富なアントシアニン

目の健康に役立つ成分としてはアントシアニンも有名。

 

アントシアニンとルテインはそれぞれ役割が異なっているので、一緒に摂ることで目の健康効果がアップします。

 

>>ランキングを確認する

目の疲れを改善できるアスタキサンチン【抗酸化作用に注目】

目の疲れに悩む男性

アスタキサンチンは、ゼアキサンチンなどと同じようなカロテノイドの一種。

 

赤や黄色といった動植物の色素成分です。

 

カロテノイドは抗酸化作用に優れており、その中でもアスタキサンチンは強い抗酸化作用があるといわれています。

 

例えば、鮭やいくら、鯛、エビ、カニなどに含まれていて、アスタキサンチンを含む食材は調理しても赤いままという特徴があります。

 

例えば、鮭はもともとはマスと同じような白身の魚。

 

しかし、筋肉中にアスタキサンチンを含んでいるので薄いピンク色にみえます。

 

エビやカニの場合は、常温ではたんぱく質と結合しているので赤くありませんが、70度以上に加熱することによってタンパク質が変性。すると赤色になります。

 

アスタキサンチンは目の疲れの予防やアンチエイジングにも効果的

 

綺麗な瞳の女性

アスタキサンチンは、目の中にできた活性酵素を除去する作用がありますし、目のピント調節力の改善にも役立ちます。

 

というのは、この成分は目の網膜や黄班部にあるのですが、その部分は眼球のなかでも最も光による刺激を受ける部分。

 

そして、視力をつかさどる重要な部分です。

 

その部分を、抗酸化作用によって守るのがこの成分です。

 

目のピント調節力の改善に関しては、たとえば富山医科薬科大学眼科による試験で、アスタキサンチン5rを1ヶ月摂取したところ、ピント調節力が改善したという報告があります。

 

ピント調節力が改善すれば、目の奥の痛みや疲れが改善、肩こりや眼精疲労による頭痛の改善にも役立ちます。

 

また、アスタキサンチンには、脂肪に溶ける性質があります。

 

そして、とくに血液中の悪玉コレステロール(LDL)の酸化を抑える作用があり、血管の壁をガードする働きもあります。

 

さらに、活性が強い酵素に対して高い効果を発揮する性質があるので、肌荒れやシワ、シミを予防するなどアンチエイジング効果も期待できます。

 

さらには、アスタキサンチンを3ヵ月摂取させるという実験では、ヘモグロビン・エイワンシー(HbA1c)、腫瘍壊死因子(TNF-α)の減少、アディポネクチンの上昇が認められたという結果報告があります。

 

この報告によって分かる効果は、メタボリックシンドロームの予防や改善にも役立つというもの。

 

アスタキサンチンは目の健康だけでなく、美容やからだの健康そのものにも役立つ成分なのです。

 

アスタキサンチンの摂り方に注意

 

目が輝いている女性

ただし、カロテノイド(トマトやニンジン)を含む食品を同時に摂ると、アスタキサンチンの吸収が悪くなってしまう可能性があります。

 

その場合、水溶性の抗酸化成分(大根おろしやレモンのしぼり汁)を一緒に摂ると吸収が良くなるとのことです。

 

>>ランキングを確認する